<   2013年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

a0170022_13172217.jpg

イタリアの街を歩いていると

ふと時間が止まったかのような感覚になることがあります

時間の点ではなく悠久に続く時間の線の一部になったような

うまく言えないのですが…


フィレンツェを流れるアルノ川に一艘のボート

川面に反射する光

この景色に出会ったときもそうでした

[PR]
a0170022_1382155.jpg


フィレンツェに戻ってきました

静かな時の流れるサン・マルコ美術館

フィレンツェの中でも大好きな場所です


この建物はもともとは修道院で

ここで見ることのできる「受胎告知」のフレスコ画を描いた

画家フラ・アンジェリコも修道士でした

必ず祈りを捧げてから絵を描き始めたといいます

神聖な空間に心が洗われます

[PR]
a0170022_22311233.jpg

公園の木陰でひとやすみ

葉の落とす影と隙間からの光の模様がどこまでも続きます

[PR]
a0170022_2222380.jpg

いろんなものが所狭しと並ぶアンティーク市の屋台で

目を引く配色を見つけました


赤い布に青い陶器の魚やタイル

赤というよりは濃いオレンジ色かもしれません


イタリア人の色彩感覚には脱帽です

[PR]
a0170022_21581032.jpg

アンティーク市の屋台で見つけた

涼しげな青いガラスの小物たち

ボトルの上にちょこんと乗っているオレンジがかわいいです


見ているだけでも楽しいのですが

今回は気になるものをたくさん見つけてしまい

我慢するのが大変でした

[PR]
a0170022_21224232.jpg

アレッツォに行くなら、と選んだのは月に一度のアンティーク市の日。


普段は人も少なく穏やかな街、アレッツォですが

毎月第一日曜日とその前日の土曜日の2日間開催される

アンティーク市の時にはたくさんの人が訪れます


広場にはアンティークの家具が並べられ、街中に屋台が立ちます

器や置物、本、ボタンやアクセサリー… いろんなものが売られていて

歩いて見て回るだけでも本当に楽しいです

[PR]
a0170022_20545275.jpg


旅も終盤にさしかかってきました


一度フィレンツェに戻り、そこから電車で1時間程のアレッツォへ

もう何度も訪れたおなじみの小さな街

フィレンツェの人の多さに疲れたときにふらっと散歩をしに行きます


今回も着いたらまずはお気に入りのカフェへ

朝食を食べて街歩き開始です

[PR]
a0170022_0144872.jpg

ここでも消火栓を発見

淡いオレンジ色の壁にはいたずら書き

書いてあるのは…

これもイタリアらしく、愛の告白のようです

[PR]