<   2012年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

a0170022_2025525.jpg


光と影が印象的なトリノ

夕暮れ時はその美しさが一段と増して

散歩していると映画の中を歩いている気分になります


まだまだ撮り足りないので

また行きたい街の一つになりました


次はミラノへ向かいます

[PR]
a0170022_2083189.jpg


夕方になってイタリア国旗の色にライトアップされたモーレの塔

建物の壁には映画スターの写真が貼ってあったり

写真学校の学生の屋外展示がしてあったり

使われていないような古い建物があったり

モーレの周りを歩くだけでも楽しいです

[PR]
a0170022_19555746.jpg


トリノの町並みがもう少し続きます


Feliceの生徒さんのなかに、消火栓をテーマに写真を

撮影されている方がいらっしゃいます

普段は気にせず通り過ぎてしまう消火栓なのですが

今回は気になって撮影してしまいました

夕暮れ時の広場の端でたたずむ消火栓

その生徒さんにお見せしたくて撮りました


写真にはその人の興味や関心、それに対する想いが表れます

ある人にとってはなんの意味も持たないものでも

別の人には魅力的に見えたりします

そう思う人が撮影した写真にはその魅力が写っていて

見た人にもそれが伝わります

消火栓の魅力、生徒さんの写真を通して

私にも少しわかったような気がしました

[PR]
a0170022_1633483.jpg


さて、クイズです

この空間に人が立って

レンズ越しに見るとどうなるでしょうか?


レンズを通すと上下左右逆像に見えます

カメラのレンズも同様です

そのために一眼レフではミラーとペンタプリズムがあって

ファインダー上で正像に見えるようになっているのです


答えはわかりましたか?

不思議な世界になりますね

わからない方は、トリノの映画博物館にて

確かめてみてください

(というのは冗談で、レッスンのときに聞いてくださいね!)

[PR]
a0170022_1820971.jpg


トリノの国立映画博物館

この博物館で撮影されたイタリア映画が大好きで

いつか絶対に行きたい、と思っていました

中に入ってみるとそこは映画のテーマパーク

素敵な空間もたくさんあって

一日中いても飽きない場所です


トリノはイタリアにおける映画産業発祥の地でもあり

いろいろな映画のロケ地にもなっています

映画とは切っても切れない関係にある街なのです

[PR]
a0170022_0523251.jpg


たまにはおいしい写真を

Bicerin(ビチェリン)はトリノの代表的な飲み物です

トリノに行ったら絶対に飲もうと思っていたのですが

どういう飲み物なのかをよく理解していなかった私

チョコレート味のコーヒーだと思っていたのですが

正しくはホットチョコレートにコーヒーとミルクを入れたもの

暑い日だったのであやうく途中でギブアップしそうになりました…

寒い冬のトリノでこれを飲んだらきっとおいしいと思います

今度は寒い季節に来よう、と誓った私でした…

[PR]
a0170022_20444557.jpg


トリノは今回の旅で一番気に入った街

トリノはフランスに近い位置にあるため

街中にたくさんあるカフェもどこかフランス風だったり…

他の街の活気ある(騒がしい?)カフェとはちょっと違います

なんだか落ち着いた街

街なみも人々もどこかノーブルな雰囲気

気品があるのです

[PR]
a0170022_1173292.jpg


トリノは長い間ずっと行きたかった街

今回の旅でやっと行くことができました

フィレンツェから北へ電車で3時間ほど

着いた日はどしゃ降りの雨でしたが

次の日は気持ちよく晴れてくれました


右奥に見える高い塔は街のシンボル

Mole Antonelliana (モーレ・アントネッリアーナ)

中は映画の博物館になっています

塔の上には展望台があってトリノの街を見渡せます

[PR]
a0170022_10371082.jpg


大好きな街、アッシジ

イタリア中部にある丘の上にある小さな街です

イタリアに行くと必ず訪れる街

観光客が帰ってしまった夕方から次の日の朝までは

静かで特別な時間が流れます

[PR]
a0170022_17131461.jpg


この季節のイタリアは日が長くて

この写真を撮ったのは夜の8時頃

完全に日が暮れるのは9時頃です

だから一日がとても長く感じます

ここは今回滞在したフィレンツェの家のすぐ近くにある公園

仕事を終えた人達がのんびり集える憩いの場です

[PR]